赤ちゃんの石鹸。ベビーソープのメリットは?固形と泡タイプどっちがいいの?

赤ちゃんの体を洗うボディーソープ。
赤ちゃんの毎日の入浴には必需品です。でも、ベビーソープにもさまざまな種類がありますが、どんな基準で選べばよいのでしょうか?
今回は、石鹸のタイプに焦点を当てていくつかの商品をご紹介したいと思います。

ベビーソープを使うメリット

赤ちゃんの繊細な肌をやさしく洗ってくれるベビーソープは、赤ちゃんがいる若しくはこれから赤ちゃんを迎えるご家庭に1つは常備しておきたい必需品です。
ベビーソープを利用するメリットは、ベビーソープなら大人の肌よりも敏感な赤ちゃんの肌を優しく洗い上げることができること。

大人のボディソープや石鹸は、添加物が多かったり、汗や皮脂などの汚れを落とすことを目的として作られているので、刺激が強く、赤ちゃんのお肌には合わないものも数多くあります。だからこそ赤ちゃんのうちは大人とは別に、赤ちゃん専用のベビーソープで洗ってあげることが必要なのです。

また、ベビーソープには数多くの種類がありますが、赤ちゃんの肌に直接触れるものですし、合わない場合もあり得ます。まずは1つ(1種類)だけ準備することをお勧めします。
赤ちゃんの肌との相性を見てから買い足すようにすると無駄もないでしょう。産婦人科等でサンプルをもらえることがありますので、サンプルを試してから気に入った製品を買うのもおすすめの方法です。

ベビーソープの選び方

ベビーソープは、赤ちゃんのお肌に利用するものです。
だからこそ、 泡・固形などのタイプや、 香料や着色剤などの添加物を含んでいないものや、香りなど、様々な部分にこだわった商品が各社から多数販売されています。

タイプ

ベビーソープは泡、液体、固形など様々な種類があります。

妻 とまと
妻 とまと

でも、赤ちゃんに使用するなら泡タイプがおすすめ。

プッシュして、そのまま赤ちゃんに使用できるので、片手がふさがっていても赤ちゃんを洗うことができますし非常に便利です。

今回は、泡、液体、固形、それぞれの特徴についても紹介してゆきます。

で出るタイプ

泡タイプのベビーソープのメリットは、ポンプ式を採用しているので、片手で簡単に赤ちゃんを洗える点です。
ポンプを押せばすぐに泡が出てくるので、泡立てる必要がありません。
片手で赤ちゃんを抱えて、もう片方の手で赤ちゃんの全身を洗うことができます。

一人で赤ちゃんを入浴させなければいけない場合には、泡タイプ一択といっても過言ではないかもしれません。

液体で出るタイプ

液体で出るタイプです。大人用のボディーソープは、液体タイプが一般的ですね。
液体のベビーソープのメリットは、泡タイプよりもコスパが良いことです。
しかし、泡立てる必要があるので手間がかかる点がマイナス。とくにこだわりがないのであれば、泡タイプを強くお勧めします。

腰が据わる前など、一人で座らせることができない時期は、控えたほうがいいかも・・・

固形石鹸

固形タイプのメリットは、液体や泡タイプよりも添加物が少ない傾向にあります。
香料、着色料、保存料なし。合成洗剤ではなく、石鹸派の方は固形タイプをお勧めいたします。ただし、固形石鹸はアルカリ性のものが多いので、弱酸性を利用したい場合は注意が必要です。

香り

ベビーソープの多くは、赤ちゃんに使用することを前提としていますから、無香料のものが多いです。
しかし、商品によっては香料により香りをつけているものもあります。また、無香料だけれども成分に天然精油を利用し、ほのかに香りをつけているものもあるようです。

香りつき

ベビーソープの香りつきのものには2種類あります。
赤ちゃんのお肌を刺激しない程度に、香料がわずかに使用されているものと、
無香料だけれども成分にハーブや精油を配合し、香り付けがしてあるものがあります。

赤ちゃんのお肌が敏感で悩んでいるけれど、香りつきを使いたいのであれば、無香料で成分に天然ハーブや天然精油が入っているものがおすすめです。

妻 とまと
妻 とまと

我が家では、体を洗う石鹸と頭を洗う石鹸とを使い分けています。
頭を洗う石鹸には、香料入りを使っています。

入浴後はいい匂いがしますね。

無香料

無香料と書かれたベビーソープは、基本的においません。
匂いが苦手な方は無香料と書かれたものがおすすめです。香料入りのものと比較するとお肌にも優しいです。

無香料とかいてあるものでも、ほんのり自然な石鹸の匂いがする場合があるので、香り重視で選ぶ際は、インターネット通販サイトのレビューを参考にするのがおすすめ。

添加物の有無

ベビーソープの添加物は様々な種類があります。
一般的に石鹸における添加物とは、合成香料、防腐剤、パラベン、合成着色料などを言います。無添加と記載されている場合であっても、何の成分が添加されていないのかをチェックすることが重要です。
添加剤なしで化学製品を作ることは困難ですので、どこかに添加物が使用されているのかを把握することが重要だと思います。

無添加

上でも書きましたが、無添加と書いてあっても、何が無添加なのか、原材料をチェックする癖をつけておきましょう。
保存料がなくとも、合成香料が入っていたり、パラベンフリーでなかったり、と物によって様々です。

商品の原材料には、ほぼ全ての成分が記載されていますから、購入前に確認しましょう。
特にお肌が弱いとわかっている子に対しては、企業ホームページでしっかりと原材料や成分内容を確認したり、医師に相談して購入&使用するようにしましょう。

人気ベビーソープのご紹介

最後にベビーソープをいくつかご紹介したいと思います。

ピジョン 全身泡ソープ 我が家でも使用しているスタンダード製品

我が家でも使用しています、ピジョンから販売されているボディーソープ。

11年連続!たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2020・スキンケア部門ベビーソープ泡1位!
赤ちゃんの胎脂に近い保湿成分、「ピジョンベビーリピッド(※)」を配合した全身泡ソープ。皮脂を取りすぎず、うるおいを残して洗います。新生児から使えるから、初めてのバスタイムにもおすすめ。
※保湿成分:イソステアリン酸コレステリル+セラミド2。

弱酸性・無着色・無香料。パラベンフリー。
皮フ刺激性テスト済み。

メリーズ ベビー全身泡ウォッシュ  花王の肌研究の成果がぎゅっとつまったスキンケアシリーズ

肌本来の保護成分“セラミド”を守りながら、
やさしく洗い上げます。

きめ細かい泡がなめらかにのびて、流すときには、サッと泡切れ。
繊細な肌に負担をかけずやさしく洗えます。
赤ちゃん想いの 肌にやさしい処方、新生児から使えます。

無香料・無着色・低刺激・弱酸性

●アルコールフリー
●アレルギーテスト済み
●目にしみにくい処方です
●ふんわり泡♪だから肌に負担をかけにくい
●1本で髪もからだも洗えます♪

arau. アラウベビー 泡全身ソープ

下の商品は、詰め替え用です。

赤ちゃんの頭(髪)から足先まで全身洗える泡全身ソープ。
きめ細やかでなめらかな泡がお肌をやさしく包み込み、さっぱりと洗い上げ、すべすべの肌に。
ママが赤ちゃんを抱えながら、片手でラクラク手にとれて洗える泡ポンプです。
保湿効果のある「シソ葉エキス&ローズマリー葉エキス」の植物エキスを配合。

過剰なすすぎは、時に肌のうるおい成分を奪ってしまい、乾燥や肌荒れの原因に。
泡切れの良い「アラウ.ベビー泡全身ソープ」ならすすぎが早く、合成成分でつくられたソープのように、洗った後の気になるぬるぬる感を残しません。赤ちゃんを抱きかかえながら洗う際、ぬるぬるせずにすべりにくいのも嬉しいポイント。
さらに植物性せっけん成分のきめ細やかな泡立ちと、保湿効果のあるシソ葉エキス&ローズマリー葉エキスの植物エキスがデリケートな赤ちゃんの肌をいたわりながら、汚れをやさしく落とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です