私達が0歳息子を保育園に預ける理由

私が0歳息子を保育園に預けることにしたのは、「この先6年間ご機嫌なママでいたかったから」でした。

妻 とまと

こんにちは、とまとです。
今日は、私たちが0歳息子を保育園に預けることに決めた理由をお話ししたいと思います。
ひとつの例として、参考になれば幸いです。

まえがき

私「とまと」は、2019年9月に第一子となる男の子を出産しました。現在は育休中ですが、2020年の4月に、息子を保育園に預けてフルタイムで職場復帰することに決めました。

前提として、息子を0歳で保育園に預けなければならない理由は、私達にはありませんでした。
私の職場は長期間の育休取得に肯定的ですし、1年半の育休を取る経済的余裕もあります。
また、私達の住む地域はいわゆる「保育園激戦区」ではなく、1歳児からの入園が全く不可能なわけでもありません。「一般的な共働き家庭なら、1歳からでもどこかの園には入れる」程度の競争率です。

さらに、もともと私自身は、息子1歳の4月までは育休を取って子育てに専念するつもりでした。日々目まぐるしく成長する息子と少しでも長く一緒に過ごしたい思いがあったからです。

上記のような状況だったにもかかわらず、最終的に私達は、0歳息子を4月から保育園に預けることに決めました。

その理由を、お話ししたいと思います。

入園を決めるまでの経緯

市役所での調査

2019年11月、私達夫婦は市の子育て支援課を訪ねました。

その時は息子1歳の4月から預けるつもりでいましたが、申込スケジュール等を早めに把握しておきたかったので、話だけでも聞こうと思ったのです。

しかし、職員さんのお話を聴くと、どうも1歳の4月からだと希望の園に入れない可能性があることがわかったのです。

点数を計算してもらったり、前年の入園者についてのデータを開示可能な範囲で教えてもらったりした結果、

  • 1歳児クラスだと、第一希望の園に入れない可能性が高い。ただし、第三希望までには入れそう。第五希望までならほぼ確実に入れる。
  • 0歳児クラスなら、かなりの高確率で第一希望の園に入れそう。

ということがわかりました。

出した結論

市役所で話をきいて、私は、息子を0歳の4月(生後6か月)から保育園に預けようと決めました。

理由は、確実に第一希望の園に息子を預けたかったからです。
第一希望の園は私達の職場に近く、送り迎えが非常に楽なのです。

 

息子を保育園に預けて職場復帰したら、時間に追われる生活が待っています。

17時半に仕事を終え、息子を保育園に迎えにいき、帰宅。
着替えて夕食を作って食べ、片付ける。
それから息子をお風呂に入れて、歯を磨き、寝かしつける。
その後に洗濯をして、保育園に持っていく着替えやおむつの準備をする。

朝も、身支度に持ち物の準備、体温測定に連絡帳の記入とやることが盛りだくさんです。

これらのルーチンを順調にこなせたとしても、帰宅後や朝の時間ではいっぱいいっぱいになりそうです。
ましてや、滞りなく事が運ぶことは稀で、食事をこぼしたりお風呂を嫌がったりお漏らしをしたり、毎日何らかのトラブルが起きるのが普通です。

仕事だって、毎日必ず定時に終われるとは限りません。

送迎に時間がかかる保育園に入ってしまったら、ただでさえ余裕のない朝晩の時間がさらに慌ただしくなってしまいます。
まして私は気が長い方ではないので、忙しくなるとイライラするのが目に見えています。

息子と一緒にいるときは、できる限りいつもご機嫌なママでいたい。
送迎の負担が大きい園に入ってしまったら、この先6年間、時間に追われて不機嫌なことが増えるかもしれない。

そう思ったことが、0歳で息子を預ける決定打となりました。

私は全くもってそうは思いませんが、0歳から保育園に預けることを可哀想だという人がいるのは事実です。
幸い私達の両親は理解してくれましたが、祖母は何度も「可哀想に・・・」と言っていました。
しかし、0歳で預けなかったために希望の園に入れず、その後小学校に上がるまでイライラしがちなママと過ごすほうがずっと可哀想なのではないか、と思ったのです。

 

そんなわけで、私達はこの4月から息子を保育園に預けることに決めました。
0歳児クラスに申し込んだ甲斐あって、先日無事に第一希望の園への内定を戴くことができました。

ちいさいこどもを保育園に預けて働くママさんへ

今の世の中、ちいさいお子さんを保育園に預けて働くママは多いと思います。

中には、周囲から「そんなに小さいうちから可哀想」「ママが育てるべき」などと言われ、預けると決めたことに迷いを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、どうか、周囲の声に心を痛めないでいただきたいと思います。

こどもを大切に思って決めたことであれば、育児に専念しようと保育園に預けて働きながら子育てをしようと、可哀想なんてことは一切ないと、私は思いのです。

少なくとも私は、息子を預けると決めたことに後悔はありません。
(若干の寂しさはありますが・・・)

こどもが大切だからこそ0歳から保育園に預けることに決めた一例をお伝えしたくて、今回この記事を書きました。
少しでもポジティブな気持ちになっていただけたら、とても嬉しいです。

この4月からお仕事をされるママの皆さまと一緒に、新生活を頑張りたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です