夏の肌トラブル ~虫刺され~

 夏になると、虫に刺される頻度が高くなります。
赤ちゃんの虫刺されに対しては、どのようにケアすれば良いのでしょうか?
虫刺され薬を塗るだけでも良いのでしょうか、今回は虫刺されに対するホームケアについてもご紹介します。

虫刺されとは

なんでこんなに腫れるの!? 蚊に刺されが「ヒドくなる人の体質」とは ...

虫刺されとは

「虫刺され」とは

 虫刺されとは、虫に刺される、咬まれる、吸血されるなどによって起こる皮膚炎のことです。
虫刺されの原因となる代表的な生物には、蚊やブユ(ブヨ)、ノミ、ハチ、ムカデ、毛虫などがいます。虫の種類や体質などにもよりますが、刺された部位が赤く盛り上がり、かゆい、痛い、腫れるなどの症状が現れます。

虫刺されの原因とは

虫刺されの原因は、虫に

  • 刺される
  • 咬まれる
  • 血を吸われる

ことによります。

 代表的な「刺す」虫にはハチ、「咬む」虫にはムカデ、「吸血する」虫には蚊やブユ(ブヨ)アブノミなどがいます。ドクガなどの有毒の毛虫に触れることで症状が出ることもあります。
 痛みの原因は、虫の刺咬によって起こる物理的なものと、皮膚に注入される物質(毒成分や唾液成分)の刺激によるものとがあります。また、皮膚に注入された物質に対するアレルギー反応として、刺された部位にかゆみや赤み、水ぶくれ、腫れなどが起こります。
これら症状を虫刺されと呼称します。

第一三共ヘルスケアHPより引用

虫刺されの症状とは?

 上の章でも説明しましたが、赤く腫れたり、水ぶくれができ、強い痒みや痛みが出ます。
 かきむしると化膿したり、黄色ブドウ球菌が完成して「とびひ」になることもあります。

 蚊やブヨに刺されて長期間かき続けたために、固い湿疹になる場合もあります。

虫に刺されると、どうして赤くなるの?

かゆみ・炎症を起こす理由

虫さされの症状・原因|くすりと健康の情報局
第一三共ジェルスケアHPより引用

 虫が皮膚を刺したり咬んだりしたときには、虫が持っている毒成分・唾液成分が抗原(アレルゲン)となってからだの中の抗体と反応し、ヒスタミンなどのかゆみの原因物質が分泌されてかゆみや炎症などの皮膚炎を引き起こします。

 多くの虫さされで見られる「かゆみ」は、虫の毒成分などに対するアレルギー反応の一つなのです。

 また、毒成分が注入されるときの物理的な刺激や、皮膚に注入された物質の化学的刺激によって、炎症が生じます。これが虫さされの「痛み」の原因です。

 このような症状は年齢や刺された頻度、体質による個人差が大きいものですが、一般的にアレルギー体質の人は症状が強く出るといわれています。

赤ちゃんの場合は?

 蚊、ダニ、ハチ、ブヨなどの虫に刺された場合、よく炎症を起こします。
赤ちゃんは皮膚が柔らかい上、虫刺されの経験が少ないので免疫ができておらず、
強く反応して大きく腫れたり、水ぶくれができたりします。

かゆみを我慢できずに掻きむしって悪化させてしまうこともありますから、ケアが必要になります。

なぜ虫刺されは夏に多いのか

蚊などの虫が大量発生するから

 夏は蚊などの虫が多く発生します。暑い日中を避けて、虫が活発になる朝や夕方のお散歩が増えるために、刺されることが増えます。
レジャーなどで虫が多い場所に行く機会が増えることも原因です。

屋外から虫が侵入しやすい季節

 夏は窓を開ける機会が増えますよね。
そのため、虫が屋内に侵入しやすくなり、椅子に座っているときなどに虫に刺されることもあります。

虫に刺されたときのホームケア

 なるべく早く、虫刺され用の薬を塗って症状を最小限に抑えましょう。
 掻き壊しを防ぐことも大切です 。

①患部を清潔にする

 流水で患部を洗い、清潔にしましょう。

 虫に刺されたらすぐに患部を流水で洗って、毒素を取り除きます。
 毒素が肌に残ったままだと症状がひどくなりがちです。皮膚を清潔にすることが基本です。

②患部を冷やす

 冷たい水で絞ったタオルで冷やしましょう。

 痒みが強い時は冷たいタオルなどを患部に当てて冷やすと、痒みが和らぎます。

③薬を塗る

虫刺され用の薬を塗りましょう。

 皮膚を清潔にしたら、虫刺され用の市販薬を塗りましょう。処方箋薬を処方されている場合には、医師の指示に従いましょう。
 蚊の場合は、薬を塗るタイミングが早いほど腫れが痒みが抑えられます。

④爪を切る

爪をこまめに切りましょう。

 赤ちゃんは、痒みを我慢できません。
患部を掻き壊して悪化するのを予防するために、赤ちゃんの爪はこまめに切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です