乳幼児に多い「お口」の病気

多くの人が経験している口内炎虫歯

実は、繊細な乳幼児は大人以上にかかりやすいんです。

口に痛みや違和感があると、食べ物を飲みものを嫌がったりすることもあり、親としては心配ですよね。

そんなお口の病気を、症状やケアの方法とあわせて紹介していきます。

乳幼児に多いお口の病気

口内炎

主な症状:腫れ・水ぶくれ
かかりやすい年齢:6ヶ月~

どんな病気?

口の中の粘膜が炎症を起こし、痛みが出る。
発熱することもある。

病気などで体力が落ちている時にかかりやすく、
お口の中や喉の奥辺りに赤く腫れたポツポツができて痛んだり、水ぶくれになったりします

大きく分けて、
 ・アフタ性口内炎
 ・ヘルペス性口内炎
の2つがあります。

アフタ性口内炎

子供にできる口内炎としては、最も一般的なものです。

口内の粘膜に小さく白い円状のただれができ、周りが赤くなったりします。

広い範囲が粘膜炎を起こして赤くなり、水疱が破れて広がることもあります。

アフタ性口内炎ができると、熱が出たり、口が臭くなったりします。

一週間ほどで自然に治りますが、痛みのために機嫌が悪くなりがちです 。

ヘルペス性口内炎

ヘルペスウィルスへの感染により発症するウィルス性の口内炎で、
生後6カ月~3歳くらいの乳幼児がかかりやすい口内炎です。

口の中だけでなく、唇やのどに近い粘膜などに現れることもあります。

38~40℃の高熱が3~4日続き、小さな水ぶくれがたくさんできて赤く腫れるのが特徴です。

歯茎が腫れて出血することもあります。

⚠ 注意 ⚠

ヘルペスウイルスは、濃厚接触によって伝染します。

タオルやコップの共有には注意が必要です。

治療法は?

通常は、自然に治る。
症状がひどい場合は薬を塗る。

自宅でのケアは?

  • 痛みがある場合は、刺激の強い食物(柑橘類等)は避ける。
  • 痛がって飲食物を口にしたがらないことがあるが、水分はこまめに摂らせる

上皮真珠

主な症状:歯茎に白いつぶができる
かかりやすい年齢:新生児期~4ヶ月

どんな病気?

硬くて白い真珠のようなつぶが歯茎にできる。

生後間もない赤ちゃんの歯茎に、米粒大~小さい真珠大の白くてやや硬い半球状の粒ができる病気です。

乳歯に見間違えることもありますが、
これは顎の中で乳歯が作られた後に残った組織が歯茎の表面に出てきたものです。

下あごよりも上あごにできやすく、
新生児期の80%程度に見られるますが、かゆみや痛みがないので、パパママも気付かないことが多いです。

治療法は?

自然になくなる。

乳歯が入る頃には自然になくなりますので、治療の必要はありません。

また、その後の乳歯の生え方にも影響はありません。

無理に取ろうとするとかえって歯茎を傷つけてしまうことがあるので、やめましょう。

自宅でのケアは?

  • 特に何もせず、自然に消えるのを待つ。

虫歯

主な症状:歯の一部が黒くなる
かかりやすい年齢:1歳~

どんな病気?

細菌が作り出す酸で、歯のエナメル質が溶けた状態を指す。

説明するまでもないほどポピュラーな病気である虫歯

ですが、原因をきちんと知らない方も多いのではないでしょうか。

虫歯は、ミュータンス菌の出す酸が原因で発生します。

ミュータンス菌が歯に付着した食べかすの糖分を餌にして、酸を出して歯のエナメル質を溶かしてしまうのです。

産まれたばかりの赤ちゃん口には、ミュータンス菌はいません。

食べ物の口移しやスプーンの共用によって、大人からうつってしまうのです。

生えたばかりの乳歯は表面のエナメル質や象牙質が薄いので、すぐに虫歯になってしまいます。

治療法は?

初期ならハミガキやフッ素剤でケア可能。
進行したら、歯医者さんへ。

初期の虫歯であれば、ハミガキやフッ素ケアで対応できます。

進行してしまった場合は、早めに歯医者さんを受診しましょう。

進行止めの薬を塗られるか、ひどい場合は削るなどの処置が行われます。

自宅でのケアは?

虫歯は、とにかく予防が大切です!

  • 歯が生える前:
    授乳後や離乳食後は湯冷ましを飲ませ、糖分が口内に残らないようにする
  • 歯が生え始めたら:
    食後の湯冷ましに加え、清潔なガーゼで歯を拭く
  • ガーゼで歯を拭くのに慣れたら:
    乳児用の歯ブラシでやさしく磨く

鵞口瘡(がこうそう/別名:口腔カンジダ症)

主な症状:頬の内側や舌に白っぽいカスがつく
かかりやすい年齢:新生児期~

どんな病気?

カンジダ菌というカビが原因で起こる病気。
口内に白っぽいカスがつく

カンジダ菌というカビの一種が増殖し、
頬の内側や舌の表面歯茎喉に白いカスのような点々がつきます

赤ちゃんが産道を通るときに菌に感染するケースが多いですが、
不潔なガーゼで口の中を拭いたり、ママの乳首や哺乳瓶が不潔だった場合に感染することもあります。

痛みやかゆみといった自覚症状はありません。

妻 とまと
妻 とまと

私、妊娠6ヶ月のときに膣カンジダになっちゃったのよね。
出産までに治さないと赤ちゃんにうつるかもしれないって言われて、怖かったわ。
結局、薬ですぐに治ったから良かったわ。

治療法は?

自然に治ることが多い。
症状が広がる場合は、菌の生育を防ぐ塗り薬を。

赤ちゃんが元気で食欲もあるなら、たいていは自然に治ります。

白いカスを無理に取り除こうとする必要はありません。

症状が広がるようなら、小児科を受診しましょう。

治療は、菌の生育を防ぐ薬(抗真菌薬)を1日に1~2回、綿棒の先に少量取って口の中の白くなっている部分に塗ります。

通常1~2週間で治りますが、再発しやすいので注意が必要です。

自宅でのケアは?

予防が大切です!

  • 赤ちゃんの口に触れるものは、清潔に保つ

乳幼児に多い「お口」の病気 まとめ

  • 口内炎
    アフタ性:熱が出たり口が臭くなったりする
    ヘルペス性:高熱が出てよだれが増える
    どちらも自然に治るが、ひどい場合は病院で塗り薬をもらう。
  • 上皮真珠
    歯茎に硬くて白いつぶができる。
    産まれて間のない赤ちゃんに多く見られる。
    自然になくなるので、無理に取ろうとしないこと
  • 虫歯
    最もポピュラーなお口の病気。
    菌は大人からうつるので、口移しやスプーンの共用はNG。
    歯が生えたら、食後のハミガキを習慣に。
    (最初はガーゼで拭いてあげる)
  • 鵞口瘡(がこうそう/口腔カンジダ症)
    カンジダ菌というカビが原因で発生。
    口内に白いカスが付く。
    赤ちゃんが産道を通る際に感染するケースが多い。
    不潔な哺乳瓶やガーゼから感染することもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です