赤ちゃんのアトピー性皮膚炎について。

 激しいかゆみを伴う「アトピー性皮膚炎」。多くは生後2~3カ月から始まって小児~学童期に悪化し、大人になると軽快しますが、なかには大人になってはじめて発症する人もみられます。
 赤ちゃんのアトピー性皮膚炎について調べましたので、記事にまとめたいと思います。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎について

hinketsu_chat_01.png
全薬工業株式会社HPより引用

 アトピー性皮膚炎は、アトピー(アレルギーの一種)素因のある人に起こる皮膚病です。症状は強いかゆみを伴う湿疹で、軽快と悪化をくりかえします。

 アトピー性皮膚炎が治りにくい理由のひとつに、激しいかゆみがあげられます。
 かいてしまうと皮膚が傷つき、皮膚を刺激から守る防御(バリア)機能が低下してしまうのです。そのためアレルゲンが侵入しやすくなり、ますます症状が悪化してしまいます。

アトピー性皮膚炎の基準

 日本皮膚科学会の定めた診断基準では、次の3点を満たすものをアトピー性皮膚炎としています。

アトピー性皮膚炎の基準
  • かゆみがある
  • 急性期は湿潤性が高く、慢性期になると乾燥、苔癬(たいせん)化が進む。からだの左右対称に症状があらわれる
  • 乳児では2か月以上、その他は6か月以上続く慢性症状

 アトピー体質は、簡単に変えることはできません。症状を抑えながら、原因(アレルゲン)を極力近づけないことが治療のポイントです。

どうしてなるの?

アトピー性皮膚炎の主な原因

 なぜアトピー性皮膚炎が発症するのか、そのメカニズムについてはすべてが明らかになっているわけではありません。しかしながら、上述したとおり、アレルギー体質のほか、ドライスキン(乾燥肌)で皮膚のバリア機能が低下するなど、遺伝や生まれながらの体質も原因のひとつとされています。
 生まれつきではなく、生まれた後の要因が原因になることを「後天的」というそうですが、アトピー性皮膚炎の後天的な悪化因子として次のようなものがあげられます。

アトピー性皮膚炎の原因と考えられている物

ダニ、ハウスダスト、花粉、乾燥、汗、細菌、衣服

 アトピー性皮膚炎の状態に、さらにこれらハウスダストやダニ抗原といった要因のほか、汗などの刺激が加わることで、アトピー性皮膚炎が悪化すると考えられています。衣服では、たとえば機能性インナーが直接触れる刺激などが皮膚炎を悪化させることもあります。
(参考:ロート製薬HP「知っておきたいアトピー性皮膚炎の正しい知識」)

生まれつきの素因の影響は大きい?

生まれつきの素因の影響は大きいのでしょうか?

 アトピー性皮膚炎は生まれつきの素因が大きく影響するといわれています。
でも、アトピー性皮膚炎の原因は、この一つではないようです。
例えば、

  1. 皮膚が敏感で、様々な物質にアレルギー反応を起こしやすい。
  2. 擦れるなどの刺激や汗によって皮膚が炎症を起こしやすい状態になっている。
  3. 皮膚が乾燥しがちで、バリア機能が低下している。

などがあると発症しやすくなると考えられます。

素因+外部刺激で発症する?

 遺伝的要素が強い病気だと言われていますが、生まれつき要因を持っていても必ずしも発症するとは限りません。
アレルギーを引き起こす物質や物理的刺激、汗などが加わることで、その症状が現れ始めます。

アトピー性皮膚炎の症状とは?

症状が長引き、強いかゆみを伴います

 アトピー性皮膚炎には、

  1. 症状が2ヶ月以上続く
  2. 頭・顔から始まり首、胸、背中、腕、脚に広がる
  3. 早くて生後1から2ヶ月以降から出始める
  4. かゆみが強い

などの症状を伴うことが多く、これら症状が繰り返されます。

関節部分や皮膚の柔らかい場所に集中

 乳幼児の場合は、
 少しの刺激でかゆみが生じて皮膚がカサカサする。
→皮膚が赤くなり細かいブツブツができる。
→湿疹をかきこわしてジュクジュクになる
というような症状を繰り返します。

 そして、全身の皮膚にかさつきが目立ってきて、手・足の関節や皮膚の柔らかい部分に発疹が集中するようになります。

夏になりやすいのはどうして?

夏は、肌への刺激が増加する?

 夏は、肌への刺激が増加するから。

 夏は、汗や紫外線などの肌の刺激が多くなる季節です。
アトピー性皮膚炎の素因を持っている赤ちゃんの皮膚が、それら外部からの刺激に触れることでアトピー性皮膚炎を発症しやすくなります。

大きくなれば治るの?

 思春期頃には治るか改善も

 家族や血縁者にアトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患の人がいる場合は、アトピー性皮膚炎を発症しやすい素因を持っている可能性があります。
 しかし、素因を持っていても必ずしも発症するとは限りません。また、発症しても皮脂腺が発達して皮膚が丈夫になる思春期頃になると、かなりの人が治るか、症状の改善がみられるようです。

医療機関での受診の目安とは?

気になる症状があったら受診

 湿疹が出る肌トラブルはたくさんあるので、赤ちゃんの肌の様子などから、アトピー性皮膚炎かどうかをママが判断するのは難しいと思います。
 湿疹が慢性化する、皮膚がジュクジュクしていた、などアトピー性皮膚炎ではないかと心配になった場合には、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

弁理士 ばなな
弁理士 ばなな

我が子も湿疹が出たのですが、すぐに医師の診察を受けました。
まだ、アトピー性皮膚炎ではないと診断されましたが、ステロイド薬を処方されました。
早期のうちに医師にかかっておいた方が安心ですね。

ホームケアについて 予防と改善

 アトピー皮膚性皮膚炎になる前、診断された後のお世話についてです。
アトピー性皮膚炎の発症を予防したり症状を改善するにはホームケアが欠かせません。
このホームケアについて、以下にまとめました。

お部屋と寝室の環境改善

こまめに掃除・洗濯を行い アレルゲンを取り除きます!

 部屋作りのポイントは、ほこり、ダニ、カビなどアレルゲンになる物を取り除きます。
また、こまめに掃除をして清潔な環境を保ちましょう。
天気がいい日は、できるだけ布団を干してダニを退治し、シーツはこまめに洗ってダニの死骸を死骸やフンを洗い流すようにします。

 インテリアはシンプルにし、布製品はできるだけ使わないことも重要です。
床は、フローリングが理想です。

お世話のポイントまとめ
  1. 布製品はなるべく使わない。
     → 洗濯しづらくダニの温床になりやすいクッション、座布団、ぬいぐるみなどはできるだけ使用しないようにします。ソファーは革や合成皮革、おもちゃは木製やプラスチック製のものを選びましょう
  2. 1日3回は換気をする。
     →部屋を締め切っていると埃が充満します1日3回程度を目安に関係屋内室内の空気を清潔に保ちましょう
  3. お布団は干したり定期的に掃除機をかけましょう
     →天気がいい日は、できるだけ布団を干してダニを退治しましょう。片面2~3時間を目安に、両面を干します。定期的に布団に掃除機をかけるのも効果的です。
  4. 布団カバーは目が詰まったものを選びこまめに洗いましょう
     →寝具はこまめに洗えて肌への刺激が少ない綿素材にしましょう。中綿やダニが外に出な出てこないよに、目が詰まった布地の物を選びます。シーツ類はこまめに洗い、ダニの死骸や糞を洗い流しましょう。
  5. 可能ならばフローリングで生活する。
     →カーペットや絨毯はダニやホコリなどがたまりやすいので、できればフローリングで生活することが望ましいでしょう。
    インテリアは、埃が溜まりにくいシンプルな形のものを選ぶとよいでしょう。
  6. 毎日こまめに掃除をする。
     →ほこり、ダニ、カビなどアレルゲンになるものを室内からこまめに取り除くことが大切なので、こまめな掃除で清潔な環境を保ちましょう。
    掃除をする時はホコリが舞い上がるため、赤ちゃんを別の部屋に移動させてから行うようにしましょう。

お風呂と、スキンケアについて

入浴して肌を清潔に保ち乾燥防止の為必ず保湿をしましょう

 肌の状態を良くするためには、肌を清潔に保ち、保湿をすることが大切です
体調に問題がなければ、日中でも汗をかいたらシャワーなどで洗い流し、お風呂は毎日入れるようにしましょう。
 体を温めすぎるとかゆみが増すので、夏はシャワーだけでもいいでしょう。
 体を洗うときは、刺激を与えないように優しく洗います。

 入浴後は保湿剤を塗って皮膚の乾燥を防いでください。

お世話のポイントまとめ
  1. 湯温は、38℃前後のぬるめに。
     →熱いお湯は必要な皮脂を奪ってしまう上、体が火照って痒みの原因になります。夏の湯温は38℃前後を目安に設定しましょう。日中でも汗をかいたらシャワーなどで洗い流し、お風呂には毎日入れましょう。
  2. よく泡立てた石けんを使いママの手で洗いましょう。
     →低刺激性の石鹸をよく泡立てて、ママの手でやさしく洗います。髪の生え際や、鼻の周りなど皮脂が多い部分は特に丁寧に洗いましょう。
  3. しっかりすすぐ。
     →石鹸成分が残らないように、すすぎをしっかり行いましょう。
    肌を刺激しないようにシャワーの水圧を弱めに設定するなどの工夫をしましょう
  4. しっかり水分を拭き取る。
     →柔らかい綿のタオルで肌を抑えるようにして拭きます。
    くびれ部分も水分を残さないように指でシワ伸ばしながら拭きます。
  5. 低刺激性の保湿剤を塗る。
     →体を拭いたら入浴で失われた皮脂を補うことが大切です。
    入浴後5~15分以内に保湿剤を塗りましょう
    夏は、使用感がさっぱりするローションタイプがおすすめです。

その他

汗や紫外線がアトピー性皮膚炎の引き金になる?

妻 とまと
妻 とまと

汗や紫外線がアトピー性皮膚炎の引き金になることはあるの?

アレルギーの素因がある子は、汗で悪化したり、日焼けで発症することがあるらしいよ。

弁理士 ばなな
弁理士 ばなな

 アレルギー素因を持っていない赤ちゃんなら、汗や日焼けが原因でアトピー性皮膚炎になることはないそうです。
しかしながら既にアトピー性皮膚炎を発症している赤ちゃんは、汗で症状が悪化することがあるようです。
 また、アレルギー素因のある子は、日焼けの刺激が引き金となってアトピー性皮膚炎を発症することもあるようです。ですので、注意をするに越したことはありません。

何歳頃までに症状が来てなかったら安心?

妻 とまと
妻 とまと

何歳頃までに症状が来てなかったら安心してもいいのかなあ?

学童期や青年期になってから出ることもあるので油断はできませんよ

弁理士 ばなな
弁理士 ばなな

 乳児・幼児は大丈夫でも、学童期や成人になってからアトピー性皮膚炎を発症することがあります。
ですから「何歳になったら、もう安心」という線引きはできないのです。特にアレルギー体質の場合、ダニ、埃などの刺激をなるべく少ない状態にし続けることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です